レイクでのおまとめに、他社の解約証明書は必要?

レイクもまたバンクイックと同じようにおまとめとしての商品がありません。
おまとめとして商品が用意されているのであれば他社への返済を行ったという証明として、返済証明書もしくは解約証明書を提出することになりますが、レイクでは必要がありません。

おまとめはありませんが、おまとめとして利用することができます。
しかしレイクの場合、利用限度額が200万円を超すことになればようやくレイクを利用する意味が出てきます。
利用限度額が200万円を超すことでそれに対しての金利が低くなりますので「銀行で借りた」という金利になってきます。
限度額が200万円以下の場合、金利は銀行とはとても言い難いものとなっており消費者金融と変わりありません。
消費者金融であれば返済をしていくことによって金利が下がるかもしれないという期待があるものの、レイクでは借り入れ基準残高によって金利が決まって公表されていますので期待をすることもできません。

200万円超の利用限度額になるでしょうか。
実はこれもまた非常にあいまいなラインではあります。
こちら側で希望していたとしてもその金額が融資限度額になるとは限りません。
審査が行われますので希望通りにいくかどうかは微妙なところではあります。
特に他社からも借り入れがある現状では審査が厳しくなることは言うまでもありません。
そのためレイクのフリーキャッシングをおまとめとして使うのかどうかをしっかりと判断しなくてはなりません。